ゴルフのパッティングの注意点とは

パッティングはスイングに比べると派手な体の動きもなく、ドライバーを振るう事もないので簡単だと思われがちです。
ところがプロの試合ではこのパッティングが勝敗を分けるのです。つまり優勝争いの時に大きな役目を担うのがパットなのです。だから、プロでパッティングを軽んじている人はいませんし、そういう人がいたとしたら、その人はプロとしてやっていくことはできない、とさえ言えるでしょう。

ですからプロにとってはとても大事なテクニックがパッティングなのです。しかし初心者の方はパッティングは簡単そうだと重視しない傾向があります。

この辺りは難しいところですね。初心者で何よりも重要なことは練習を継続すること。練習を継続するには「面白さ」が少なからず必要です。面白くもないものを長々と練習をするのはプロであればいざ知らず、趣味の世界でやる分では苦行のようになってしまいます。ただし、面白いものだけを選り好みして練習をしていたのでは、スキルに偏りができてしまったり、必要なスキルが身に付かないなどでかえって上達が遅くなる殊につながります。

結局はバランスというところも重要になるのです。

さてここではそんなパッティングについて気をつけるポイントをお話しします。

パッティングの時にはワンパットで決めたいと思ってしまいますよね。ボールがホールに近い程その思いは強くなり、次の一打の事しか考えなくなってしまいます。しかしその先の事ついては何も考えていないので、ホールに入らなかった場合に次に決めるのが難しくなるのです。

しかしパットが得意な人は故意にオーバーホールを狙ってスリーパッドを気にしないで打ちます。

パットを打つ時には次に繋げるパッテイングをする様にしましょう。パッティングは繊細なようでいて実は度胸が試されるショットだとも言われます。この辺り、如実に練習と経験がモノを言うショットでもあるのです。⇒ゴルフ100切り実現Express